ITはなびらたけPlusCのエストロゲンの働きとは?更年期障害予防にもなる?

『更年期障害でしょうか?1ヶ月前から動悸がはげしくなんだか不安です。』





そんな時にであったのが、ITはなびらたけPlusC


『そんなサプリなんで心配だし、いらないっ』て思っていましたが、さすがに今回は、知り合いも『よかったよ』って、言っていたのもあってお試ししてみました。


ITはなびらたけPlusCですが、なんといっても女性らしさを保つエストロゲンのような働きをするという点が魅力的ということでした。





エストロゲンといえば、女性らしさを保つのに重要なホルモンのひとつです。


エストロゲンとは卵胞ホルモンともよばれ、丸みをおびた女性らしいからだづくりに影響をあたえ、さらにはツヤツヤのハリのあるお肌を保つのにも役立っています。


さらには、骨粗しょう症などからもまもってくれるホルモンであります。ところがおそらく多くの人が知っているとおり、このエストロゲンは、一生の中で分泌される量に変化があります。





思春期が違づく時期にエストロゲンの分泌がおおくなりはじめ、20代から30代で最も安定期にはいります。


だからこそ、最近では晩婚化がおおくなってきたものの、20代から30代は子供を作るうえでは一番適齢期といえるのです。


40代後半になってきて、閉経前後の更年期ではエストロゲンは急激に減少するので、不調がおこりがちとなります。私はたぶんまさに、この状態でした。


こうしたときに、ITはなびらたけPlusCのようなエストロゲンと同じような働きをしてくれるものが重要となってきます。






ただ、エストロゲンのような働きをするというと心配になるのが、その細胞増殖活性という性質。





細胞増殖活性があると、良い細胞も悪い細胞も活性化する特徴があります。


エストロゲン自体は、たしかにそうした細胞増殖活性があるのですが、ITはなびらたけPlusCのエストロゲンは、『サイレント型エストロゲン』といわれエストロゲン活性をたもちつつ、細胞増殖活性がないタイプとして注目されています。


こうした点が、閉経前後で女性ホルモンが不足してきて不調を感じる人にとっては、ピッタリのサプリとなっています。


ちなみに、この『サイレント型エストロゲン』としてのITはなびらたけPlusCですが、産学官研究によって発見されたもので、世界3大科学誌である英ネイチャー系 Scientific Reports に論文掲載されています。





そうした点でも安心できる成分であります♪ わたしのように、40代後半になって、なんだか不調を感じてきたという人であれば、一度お試ししてみる価値はあると思います♪


↓↓とにかくITはなびらたけを試してみる?♪↓↓

 

サイトマップ