怒りをコントロールする大切さ

看護師は、同僚や患者との人間関係を築くのが難しかったり、常に責任が重い業務を任されたりと、ストレスが溜まりやすい職業として知られています。
そうした中、日々の業務の中で冷静に患者の看護を行うには、様々な場面で怒りをコントロールすることがとても重要です。
たとえば、病棟や手術室といったハードな現場で働いている看護師の中には、怒りの感情を上手くコントロールができなかったり、同僚に八つ当たりをしてしまったりする人も少なくありません。
こうした問題を解決するには、早い時期から怒りと向き合うためのトレーニングをするのはもちろん、アンガーマネジメントなど専門的な手法を取り入れるという方法もあります。

看護師の教育に力を入れている医療機関の中には、新人や若手の看護師が怒りの感情と向き合えるようにするため、定期的に外部の講師によるアンガーマネジメントに関する研修を実施しているところも少なくありません。
そのため、看護師として自信を持って働きたい人は、各地の医療機関における研修の内容について就職活動中に詳しく調べたり、実際にアンガーマネジメントを学んでいる看護師にアドバイスをもらったりすることも大切です。
なお、長時間の残業や休日出勤などの機会が多い現場に勤務をする場合には、適切に怒りのコントロールができるよう、休憩時間や仕事割りの時間を利用してリフレッシュをしたり、同僚や上司とコミュニケーションを取ったりすることも必要です。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930