ストレスを溜め込まないことも大切

看護師は、職業柄心身ともに負担が大きい業務を担当する場面が多かったり、スタッフや患者との人間関係が上手くいかなかったりすることがあります。
また、小規模のクリニックやデイサービスなどの現場においては、思うように給料が上がらないことから、待遇についての不満を抱えながら働いている人も多くいます。
そうした中、日々の仕事に生き生きと取り組むためには、なるべくストレスを溜め込まないよう心がけたり、仕事終わりや休日にストレスを解消したりすることが重要です。
看護師のストレスの原因は年齢や配属先などによって様々ですが、無理なくストレスコントロールをするうえで、日ごろから同僚と仕事に関する悩みを相談し合うこともとても大切です。

看護師の数が多い医療機関や介護施設の中には、在職中の看護師のためにストレスマネジメントに関する研修を実施したり、若手の看護師のために看護師長や先輩看護師がサポートをしたりしているところもあります。
また、仕事を続けながら上手くストレスを発散するには、定期的にスポーツジムやヨガ教室、エステサロンなどに通って体の疲れを癒したり、長期の旅行で非日常体験をしたりするのも有効です。
なお、職場によっては有給休暇だけでなく、勤務日数や雇用形態に応じて年に数回のリフレッシュ休暇を取得できる制度を設けているところもあります。
そのため、採用後にストレスで悩みたくない人は、就職活動中に将来を見据えて職場選びをすることが肝心です。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930